地域未来エネルギー奈良主催で、2月9日…

地域未来エネルギー奈良主催で、2月9日(火)研究会「太陽熱利用」を開催しました。27名の方が参加されました。
 講師は元東京都職員だった谷口信雄さん。
東京都で様々なCO2削減のための施策を打ってこられました。
「熱は熱で利用する方がいい。家庭では低温水の利用がほとんど。電気でお湯を沸かすのは本当にもったいない。
 CO2削減の視点からも燃料費削減の視点からも太陽熱を利用しない手はない。太陽光発電よりも効率がいい。東京都でも太陽熱温水器に補助金をつけたがあまり普及しなかった。ハウスメーカーに太陽熱利用を推進してもらった。マンションで太陽熱利用の物件も建設された。
 今後は温暖化を防ぐには『義務化』していかないといけなくなる。事業者や市民の善意に頼っていたのでは、進まないと感じている」
谷口さんは、現在東京の生協の理事もされていらして、産直の電気を組合員に売り出そうと計画しておられました。大変熱意あるお話でした。

コメント