10/29 午後1時半から自然エネルギー学校・なら2017(第2回)を開催し、12名が参加しました。

10/29 午後1時半から自然エネルギー学校・なら2017(第2回)を開催し、12名が参加しました。
台風22号が近畿に一番近づいてくる時刻に開催ということで
開催を迷いましたが、判断したときには奈良市北部の警報が出ていなかったので、開催しました。
(あとで警報が出ていたのですね。)
幸い、近鉄奈良駅付近はほとんど被害はない様子でした。

名古屋から来られた森大顕さん(地域再生機構)が講師で
木質バイオマスの基礎から、今の森の現状や可能性についてご自分の関わった事例を紹介されながら、わかりやすくお話していただきました。
木を使う夢や想いがないと、木はなかなか使えないようです。
便利だけの世の中で、少しでも木や森に想いを抱いて、利用させていただけたら、「森の力」も発揮できるかもしれません。
未利用ということはまだまだ力を秘めているようです。

森さんは大変若い。このような若い方が森林資源で活躍できるようにならないと、いけません。奈良でも、明るい『ブラック会社』ではなく、将来は明るい「ホワイト会社」でたくさんの若者が働けるようになりますように実現モデルを作りたいですね。


コメント