10/1 自然エネルギー学校・なら2017第1回をやまと会議室(奈良市登大路町)で開催しました。

10/1 自然エネルギー学校・なら2017第1回をやまと会議室(奈良市登大路町)で開催しました。
第1回は「木質バイオマス利用の現状と課題~里山資源を活かす小規模発電・熱利用に焦点を当てて」
講師は和田武先生(和歌山大学客員教授・自然エネルギー市民の会代表・元日本環境学会会長)
電力買取制度(FIT)と木質バイオマス利用、国産森林資源のエネルギー利用の重要性と課題、小規模未利用木質バイオマスガス化発電と熱利用による地域活性化の事例紹介、ドイツでの木質バイオマス利用の紹介がありました。
後半は質問ワークショップ。グループに分かれて、質問を出し合い、グループから質問を代表して出していただきました。10もの質問が出され、和田先生には丁寧に答えて頂きました。時間を少し超過してまで熱心に学びました。
奈良県内に事例を作っていきたいものです。

次回は10/29(日)13:30~16:30 同じ会場のやまと会議室3階。講師は森大顕さん(地域再生機構)
木質バイオマス利用の基本的な考え方を学ぶとともに、他地域での取り組みについて紹介していただきます。木質バイオマス利用には、何が必要なのかなど具体的に学びます。

今年の自然エネルギー学校・奈良2017では天川村の薪ボイラー導入の取り組みと東吉野村のつくばね小水力発電所に、1泊で見学に行きます。

今年の自然エネルギー学校・奈良2017では天川村の薪ボイラー導入の取り組みと東吉野村のつくばね小水力発電所に、1泊で見学に行きます。是非お申込みください。
 自然エネルギー学校なら2017~市民の手で自然エネルギー普及を!~
【日時】第1回 10月1日(日) 13:30~16:30
    第2回 10月29日(日) 13:30~16:30
    第3回 12月1日(金)~12月2日(土)
    第4回 2018年1月20日(土) 13:30~16:30
【場所】1,2,4回 やまと会議室(近鉄奈良駅から徒歩3分)
    3回 奈良県天川村、東吉野村
【内容】第1回 木質バイオマス利用の現状と課題
    第2回 木質バイオマス利用を知ろう
    第3回 木質バイオマス利用の視察・交流
    第4回 西粟倉村ローカルベンチャーの取組
【参加費】4,000円(各回1,000円 第3回の視察は実費負担宿泊+食事10,000円)【定員】30名
【申込】E-mail: info@nara-renergy.org FAX:0742-34-0043
    「自然エネルギー学校・なら2017参加希望」と記入
    名前、性別、年齢、住所、連絡先を明記
【主催・問合せ先】一般社団法人 地域未来エネルギー奈良
          〒630-8136 奈良市恋の窪町1-2-2
         0742-34-8566
         080-3137-4595(清水)

ed9640494690237e32b1

地域未来エネルギー奈良のもつ、恋の窪未来発電所@ならコープ(49.6kW)の発電量。

地域未来エネルギー奈良のもつ、恋の窪未来発電所@ならコープ(49.6kW)の発電量。

263a573e2f9c7d77a49e

8/26~9/22 奈良市はぐくみセンター(JR奈良駅西口徒歩1分)1階のボランティアインフォメーションセンターにて、地域未来エネルギー奈良のパネルを展示しております。

8/26~9/22 奈良市はぐくみセンター(JR奈良駅西口徒歩1分)1階のボランティアインフォメーションセンターにて、地域未来エネルギー奈良のパネルを展示しております。
過去の資料や自然エネルギー学校・なら2017のチラシも置いておきましたので。ご入用な方はご自由にお持ち帰りください。

10/1から自然エネルギー学校・奈良2017を開催します。

10/1から自然エネルギー学校・奈良2017を開催します。
第1回 10/1(日)13:30~16:30 やまと会議室3階大会議室
木質バイオマス利用の現状と課題を知ろう
 講師:和田武さん(自然エネルギー市民の会)
 里山資源を活かす小規模発電・熱利用に焦点を当てて紹介します。
第2回 10/29(日)13:30~16:30 やまと会議室3階大会議室
木の利用について基本的な考え方を知るとともに奈良や他地域での取り組みついて紹介します。
     講師:森 大顕さん(地域再生機構)ほか
第3回 12/1(金)~12/2(土) 奈良県天川村・東吉野村、吉銘さん(木質ペレット製造工場)ほか
 今年稼働を始めた薪ボイラーなどの木質バイオマスの熱利用の取り組み・東吉野村つくばね水力発電所を視察します。    (詳細は別途お知らせします)
 講師:豕瀬充さん(天川村) 谷茂則さん(谷林業)、
第4回 2018年1/20(土)13:30~16:30 やまと会議室3階大会議室
小水力発電、木質バイオマスの熱利用など西粟倉村のエネルギーや地域資源の活用を切り口に、役場と移住者がともに進めるローカルベンチャーの取組をご紹介いただきます。
     講師:上山隆浩さん(西粟倉村参事)
お申込み方法 【締切:9/27(水)※定員に達し次第募集を締め切らせていただきます】
「自然エネルギー学校・なら2017への参加希望」とご記入の上、お名前、性別、年齢、住所、連絡先(電話、FAX、E-mail)を合わせて、
FAX(0742-34-0043)またはメール(info@nara-renergy.org)にてお申し込みください。
お問い合わせ 〒630-8136 奈良市恋の窪一丁目2番2号
       TEL:0742-34-8566 FAX:0742-34-0043
    E-mail: info@nara-renergy.org
     URL:nara-renergy.org/

e2decf62461e5923b271

8/5 東吉野村のつくばね発電所竣功報告会に、地域未来エネルギー奈良として、出席してきました。

8/5 東吉野村のつくばね発電所竣功報告会に、地域未来エネルギー奈良として、出席してきました。この事業に、当法人の理事のMさんが中心的に関わってきました。70名弱の方が出席されていました。とにかく、発電を開始するまでに大変な労力と費用がかかったそうですので、よかったです。
2011年の夏ごろから、地元で「元気な東吉野むらと林業をめざす会」が発足してから、話し合ううちにつくばね発電所を復活させたいという話が上がってきたということです。
市民ファンドで集めた5250万円の資金も入っています。
シンク社のクロスフロー水車はチェコ製ということから、チェコ大使が来られていました。
 一松奈良県副知事や山本振興監、国中県議、水本村長、東吉野村村会議員、区長、南都銀行南支店長、中島全国小水力利用推進協議会事務局長、関西小水力利用推進協議会、吉野小水力利用推進協議会、工事関係者やならコープ、(株)CWS,奈良県生協連、東吉野小水力利用推進協議会などたくさんの方が参加されていました。
最大出力82kW,最大使用水量0.1㎥/s、有効落差105m。
現在、川の水量が少なく、瞬間で37kWの発電でした。雨が待たれます。
現地を見学した後、丹生川上神社拝殿で修祓や祝詞奏上,玉串奉奠(ほうてん)など一連の式が行われました。
丹生川上神社は水の神様。関西電力、東京電力の奉納した絵馬がかかっていました。
チェコ大使は明日の広島での平和式典に参列されるために、広島へ行かれました。
これから、自然エネルギー学校・ならの見学ルートにも入れていきたいと思います。

奈良県地域貢献サポート基金の団体支援として

奈良県地域貢献サポート基金の団体支援として
奈良中央信用金庫さまよりご寄付を5団体に頂き、そのうちの1団体として「地域未来エネルギー奈良」を選んでいただきました。
1団体20万円の寄付(寄附の5%は基金制度の推進に県が活用するため、1団体あたりの助成額は19万円)を頂くことになりました。
ありがとうございます。
地域未来エネルギー奈良では、①さまざまなエネルギーの利用の可能性を探り具体化する ②担い手をつくる自然エネルギー学校ならの開催 ③行政・企業・市民・生協などと情報の共有の場を作るなどを平成26年度から地球環境基金の助成を受けて実施しています。
 県南東部の山間地域における木質バイオマス利用(特に熱利用)の活動に充てて行きたいと思い、応募いたしました。
詳細は以下のHPにて掲載されています。
www.naravn.jp/kikin/other/?act=list#donation69